世界のぶた豆知識 リンクなしでの掲載情報の
転写・転用を禁じます。
ぶたで英語の勉強ぶたの記念日
 
〜日本から西廻りに地球一周〜
日本 日本
韓国
中国
タイ
インド
中東
エジプト
欧州
ドイツ
欧米
アメリカ
南太平洋
 
  とんとん拍子にうまくいく。ぶたは縁起物です。
※とんとんの語源・・・舞台などで踊る時に、調子よく足音を「とんとん」鳴らして床を踏む様子から、続けざまに行進する→順調に進む→うまくいくという意味となりました。

蚊取り線香の入れ物といったらぶたですよね。
江戸時代の武家屋敷跡から、当時の蚊遣りぶたが発掘されています。
現在の蚊遣りはお尻も鼻も大きく開いていますが、当時のものは鼻はビンの口のようにきゅっと閉じています。
蚊を追い遣るための草を燃やすのに一升瓶やとっくりの底を抜いて横にして使ったところ、ぶたの形に似ていた。とか、明治時代に養豚場の人が考え出した。とか、その起源については色いろな説があります。

日本で豚肉が一般的に食べられるようになったのは明治になってからですが、一部の人は江戸時代から食べていたようです。
徳川最後の将軍慶喜は、薩摩から贈られた豚肉を好んで食べたので、「豚一様」をいうあだ名がつけられていました。

武蔵御嶽神社(東京都青梅市御岳山)には、どうやってもぶたにしか見えない狛犬があります。
もともとは、和気清麻呂を助けたいのしし(武勇の神)だったのが、修復を重ねるうちにぶたのようになってしまったとか。

信州に宮崎駿監督の別荘があり、「黒豚亭」と名付けられています。
宮崎監督の映画には、『紅の豚』『千と千尋の神隠し』以外にもたくさんのぶたが登場します。探してみてください。

石川県輪島市のねぶた温泉という地名があります。
『寝豚』という字が示すように、昔、弘法大師が能登巡錫の折、傷ついた猪が湯だまりに寝ころんで傷を癒している姿を見て、この温泉の効能を察し、入浴をすすめた事に由来しているそうです。

沖縄は豚肉正月といってよいでしょう。
大晦日には豚をと殺し(ウワークルシーという),ソーキ汁(骨つきあばら肉の入った汁)を作って年を越し,豚肉料理で正月を祝います。昔は正月用に豚を飼っておき,それをと殺していましたが,現在は肉屋で買うことが多いようです。
元旦に、仏前にお供えする「チータチ・ベェーシ」は、地域によって多少の違いはありますが、一般的には、茹でた豚レバーと石炭を昆布で巻いた物と塩を一緒にして祖霊にお供えします。

日本のいのしし年は韓国・中国・ベトナムではぶた年です。世界的にいのしし年というのは日本だけのようです。
中国から暦が伝わったころ、日本には家畜化された豚がいなかったので、いのししに置き換えたようです。
ぶた年生れの子どもは、一生お金に困らないといわれています。
 
 
△ページトップへ
韓国
 
  韓国では、「お金」の発音と「ぶた」の発音がほぼ同じです。夢にぶたが出てくると、金持ちになれるなどの言い伝えがもあります。

韓国ではお払いの祭壇の一番前を飾るのが「豚の頭」です。毛をきれいに削ぎ落とし、ゆでたものです。笑っているように見えるものがいいそうです。
お辞儀をしたあとはブタの口にお札を挟みます。

16代大統領ノ・ムヒョン氏は選挙当時、黄色いチョッキを着た仔豚「希望のぶた」を抱いて国民に「安定の中の改革」をアピールしたそうです。
ちなみに、香港の李元総統もぶた好きだとか。

2002年12月〜2003年3月、地下鉄5号線では、電車の外装も内装もぶたイラストや写真でコーディネイとした「福豚文化列車」が走っていました。

慶州には、世界遺産にも登録されている仏国寺があります。2005年、極楽殿の軒下「極楽殿」と書かれた横額の裏で、黄金に光る豚の彫刻がたまたま発見されました。しかも観光客によって!!
そこは、壁に貼りつく様にして見上げないと見えない場所ではありますが、極楽殿が改築されたのは李氏朝鮮時代の1750年と言われているので、257年の時を経て発見されたということです。
 
 
△ページトップへ
中国
 
  中国では、お正月に玄関にぶたの絵や置物(肥ったぶたが玄関を押し分けて入って来る絵・ぶたが宝箱を背負っている絵など)を貼ったり置いたりします。
ぶたは、多産多幸・家庭の幸せのシンボルです。
豚足とラッキーの発音が似ているので、お正月に豚足を食べる習慣もあります。

中国の占星術でぶたは人のためによく尽くし、良心的であるともされています。
唐の時代には、北斗七星が七匹のぶたの精とされていました。

さらにぶたは水の神の使いとも言われ、雨乞いや洪水よけのためのお祈りの供物にも使われます。
『西遊記』の猪八戒はその前世では天の川の水軍を率いる大将だったんですよ。

考古学者の中には、龍神=ぶただという人までいます。原種に近いぶたは鼻が突き出て顔が長く、首のうしろにたてがみのような毛があり、龍に見えないことも・・・。約6000年前の出土物「 玉猪竜」は、猪(豚)の頭と蛇の胴体が合体した形で、これが竜の原型と言われいます。

焼豚に関するおもしろい伝説。
ある時、豚飼いの少年が誤って火事を出し、子豚を焼いてしまいました。
少年は焼け跡から子豚を助け出そうとしましたが、美味しい香りに、ついかぶりついてしまいます。帰ってきた父親もこの味の虜になり、子豚が手にはいると、家ごと焼いて食べるようになりました。
この秘密は世間に広がり、国中の家が焼かれそうになりましたが、ひとりの天才が現れ、もっと簡単に焼豚を作る方法を考え出したのです。
めでたしめでたし。
 
 
△ページトップへ
タイ・東南アジア
 
  タイでは天の川のことを「豚の道」と呼びます。なぜか?それはまだ調査中。

タイの占星術では、ぶたは知的で賢明だとされています。
「ぶた」という苗字がありますし、両親が子供に「ぶたちゃん」というあだ名をつけることも多いです。

インドネシアのアチェ族には、妊娠中に食べた一番美味しかったものの名前を生まれてきた子供につける風習があります。
「チェチェギ」野ぶたちゃんは定番。

タイ語でぶたは「ムー」。ムーという苗字もあります。
ぶたを二回連続して発音すると「そんなの簡単」という意味。
 
 
△ページトップへ
インド
 
  仏教説話では、お釈迦様が豚肉を食べていた話がいくつか残されています。

ヒンズーの神話では、まだ世界が水の中にあったとき、太陽神「ビシュヌ神」の鼻の穴からイノシシが飛び出し、世界をその牙で救い上げたとされています。

太陽と月の女神「摩利支天(マリーチ)」像も、黄金のぶたやぶたの曳く車に乗っていたり、ぶたに取り囲まれていて、ぶたは太陽と水にかかわりが深いようです。
ちなみに、摩利支天は日本では男神とされ、野生のイノシシを引き連れています。
 
 
△ページトップへ
中東
 
  イスラムではぶたはタブー視されています。
もともと砂漠地帯の多い中東は、水をたくさん使う養豚が向かなかったためと、木燃料が少なく、料理で十分熱を加くわえられないので豚肉の寄生虫を殺せないのでコーランで禁止したのです。
これも生活の知恵です。

さらにぶたは、羊・馬・牛のように遊牧には適さない動物のため、農耕民族の家畜になっていました。遊牧民はほとんどがイスラム教徒、農耕民族を蔑視していました。
そして、農耕民族しか飼わない豚をその旺盛な食欲と性欲に結びつけ、いっそう蔑視するようになり、これが教義の中に持ち込まれていった、と考えられています。
つまり、布教の手段として使われたらしいということです。

イエスが生まれた時、東方から三賢者がやって来ましたが、その時に動物たちも贈り物を持って集まってきました。
牛はミルクを、山羊は皮を、鶏は卵を、ろばは自分の背中を乗り物として贈りました。
そこには豚もいたのですが、何も贈らずに鳴いているだけだったので、罰として食べられてしまいました。
 
 
△ページトップへ
エジプト
 
  古代エジプトでは、ぶたは豊饒神の獣であり太母としてのイシスおよび神ベスの聖獣でもありましたが、悪神セトのテュポンの相を表す悪の動物であるともされていました。
聖と悪の二面性を持っていたようです。

古代エジプトでは豚は食用として一般的だったようです。8000年程前から家畜化されていたことがわかっています。
また、畑の土を耕すのに豚が重宝されました。洪水や雨の後、撒いたタネを地中に踏み入れるために、口輪をはめて使役されたとの記述も残っています。

ヒエログリフには、くるっとしっぽのまるまったぶたの絵字がみられます。
 
 
△ページトップへ
北欧
 
  サンタクロースの原型は、ノルウェーの森の妖精『ニッセ』です。ニッセはニットに半ズボン、木靴で、豚に乗って来ると信じられています。

北欧でクリスマスいったら、七面鳥ではなくて「クリスマスハム」です。
塩漬けされた豚もも肉の大きな固まりを23日の夜からオーブンで一晩かけて低温で焼き、その後さらにマスタードをぬり、パン粉をふりかけて、表面に焼き色がうっすらとつくまで高温で焼き上げます。
これにリンゴジャムをつけて食べます。
ショーウィンドウには、リンゴを丸ごとくわえた豚の丸焼きが飾られます。

クリスマス時期にスウェーデン国民一人が食べるハムが1キロにも及ぶそうですが、もっと驚くことに、デンマーク人はスウェーデン人の倍近く食べるといわれています。

昔、クリスマスにぶたを買うことの出来ない貧しい人々は、代わりにぶたをかたどったパンをつくりました。今もぶたの形のクッキーをツリーに飾る習慣があります。
 
 
△ページトップへ
ドイツ
 
  ドイツ人はよく、運がよかったときに「Ich hab Scwein gehabt.」といいますが、これを直訳すると「ぶたを手に入れた」となります。

ドイツ人は、誕生日・旅立ち・正月などに「グリュック シュバイン」といわれるぶたのフィギアを交換します。
これは、ぶたと1ペニヒ硬貨をあわせたもの。ほかにもぶたと四葉のクローバー、てんとう虫もよくもちいられる幸運のシンボルです。
クリスマスマーケットには、ぶたのフィギアやぶたの形のお菓子などがたくさん並びます。

ドイツのシュトゥッツガルトには個人で運営する「幸運の豚博物館」があります。その場所はもと食肉加工場。オーナーの経営する豚肉レストランも併設されています。
収納されているぶたの数は、誰にもわかりません。

豚博物館の近くにあるのがポルシェ博物館。ここの展示でひときわ目を引くのが、1971年のル・マンでデビューした、全身クリームピンクのポルシェ917。ボディ全体に豚の部位を表すマーキングが施されています。
他の917シリーズに比べるとホイールアーチが張り出し、クラッシュの衝撃を弱めるためにショートテールで、ずんぐりした印象。エンジニアたちが「雌豚ベルタ」と呼んでいたため、このようなカラーリングになったそうです。この太った917をスポンサーのマルティーニは気に入らず、ボディにいっさいマルティーニの名前をマーキングをしないように言ったそうです。

鼻がいいので、数十年前、ドイツには麻薬犬ならぬ麻薬豚がいました。

ゲルマン民族にとってぶたは穀物の精です。
昔、イギリスに嫁いだ王女に、ドイツの実家は毎年クリスマスに引き出物として猪を贈っていたそうです。

世界最古といわれるサッカーボールは16世紀に作られました。
豚の膀胱に鹿の皮を縫いつけたもので、スコットランド女王のメアリーの持ち物でした
 
 
△ページトップへ
南西ヨーロッパ
 
  ヨーロッパでは豚の形の貯金箱をよく見かけます。
ぶたの形をしていなくても、貯金箱のことを PIGGY BANK といいます。
これは、多産や有用性などから幸運のシンボルとされていたほか、村民がお金を出し合って貧しい人のために豚を買った「アントニウスの豚」の話に由来しているといわれています。

他にもこんな説が。昔ヨーロッパでは食器は、ピッグ(Pygg)と呼ばれるオレンジ色の粘土で出来ていました。主婦達がこの粘土で出来た壷にコインを貯め出したので、「ピッグの貯金箱」として知られるようになりました。
19世紀イギリスで、ある陶芸職人が「pyggの貯金箱作って」と言われた時に、豚の形をした貯金箱を作ってしまい、これがヒットし今につながるとか。
実際のところは、よく分かっていないのです。

イタリアのお正月料理と言えば、Zampone(ザンポーネ)。 これは豚足の形をしたサラミで茹でで食べます。 

イギリスでは、バレンタインが近づくとピンク色の豚のぬいぐるみの特設売場をいちばん目立つ場所に設けます。バレンタインにぶたを贈るのはイギリスだけの風習のようです。

古代ローマとその周辺国では、4月2日に春の訪れをたたえてビーナスに雄ぶたをささげました。Aprilという名称は、ラテン語の雄ぶた(Aper)に由来します。
中世ヨーロッパでは、ぶたは新しい年の幸福を運んでくるといわれ、ぶたの貯金箱も新年に割る風習がありました。
また、トランプのエースにもぶたの絵が描かれていました。

スペインでは、日常的にぶたの丸焼きを食べる習慣があります。カスティ−ジャ地方の中でも、セゴビアはコチニ−ジョ ・ アサ−ド(子豚の丸焼き)で有名な都市。
この習慣は、ドイツ・オ−ストリアなどゲルマン系の国から伝わったものです。

南フランスやイタリア、シシリー島などでは、シクラメンの塊茎を豚が好んで食べるのだと言い伝えられていて、ぶたのパンと呼んでいます。
かつて日本でもシクラメンのことをブタノマンジュウ(豚の饅頭)と言っていました。

トリュフ探しといえばぶた、フランス・イタリア・ドイツの一部では今もぶたが使われています。
 
△ページトップへ
アメリカ
 
  月1日は「ナショナルピッグデイ」 1972年にある姉妹が、最も利口で役立つ家畜である豚への感謝をこめて制定しました。
この日はアメリカ各地で豚の品評会が開催されます。

英語で豚が空を飛んだ[Pig might fly]というのは「ラッキー」「ありえないような奇跡が起こった」という意味で使われます。

'20年代にハーレー・ファクトリー・レーシングチームのマスコットが本物のブタだったことから、ハーレーとブタとの関係は始まっています。負けが続いていたチームですが、あるライダーがブタを連れて行ったところ優勝したので、チームメートが真似をしだしたんだとか。
'83年には「ハーレー・オーナーズ・グループ」が誕生し、頭文字をとって「HOG」(雄ブタ)として定着。
HOGには、ブタがエサ(燃料)を沢山食う事から転じて、大型のオートバイといった意味もあります。また、バイクのエンジンをふかす音がブタの鳴き声に似ているからという説もあります。
ハーレーホッグとして、様々なブタグッズがあります。

オアフ島には半神カマプアアというものがいます。
普段はハンサムな人間の姿をしていますが、いったん怒って本性を現すと恐ろしい八ツ目の豚に変身し、また、時によってはフムフムヌクヌクアプアアという魚になる、という3つの姿を持っています。
フムフムヌクヌクアプアアを直訳すると「ぶうぶう鳴く角張ったぶた」 となります。実際、変な形で鳴く魚で、その珍しさから、非公認ながら、ハワイ州の州魚になっているようです。
△ページトップへ
南米

ラジルでは、お正月には子豚の丸焼きを食べます。
豚は前に前に進んでいく動物なので、「前向きに一年を過ごせるように」ということで食べるそうです。

南米の代表的な料理は、黒豆と豚の内臓の煮込みです。

アンデスのある地方では、3本足のブタ(チャンチート、チャンチトス)が幸運のシンボルで、贈ったり贈られたりするといっそう効果があると言われています。
はじまりはチリのポマレイ村。
「貧しい牧場には数匹のブタしかおらず、牧場主は厳しい生活。ある冬、ついに食べ物もなくなり、生き延びるためにやむなく飼っていた大切なブタの足の一本を取り、家族で分けて食べました。そうすると、みるみるやる気と元気がでて、商売は繁盛!おかげで、ブタの残りの3本の足は食べる必要がなくなりました。牧場主は神に感謝し、その時のことを忘れないために、3本足のぶたの焼きものを作るコトにしました。」
それ以来、3本足のブタは、幸運・愛情・ビジネスのお守りとして、信じられるようになったという言い伝えです。
また、大切な人と別れる時には、「君と別れるななんて僕の片足がなくなったようなものだよ・・・」という意味もあるそうです。
△ページトップへ
南太平洋
 
  ニューギニアのダニ族にとって、ぶたは、財産の象徴。
一夫多妻のダニ族は、一人の妻を迎えるのに、大体5頭のブタを新妻の家族に納めます。
ぶたは家族のメンバーと同じような存在で、女性と同じ家で寝起きをし、時には自分のお乳を子ぶたに飲ませることもあるとか。

フィジーとニューカレドニアでは、かつてぶたの歯は、貝殻とともに貨幣として用いられていました。
 
△ページトップへ
 
 
Copyright(C)2003-2012  Yukisenli.All rights reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】